介護が受けられる施設とは|入居の際に迷わない老人ホームの探し方とは
夫婦

入居の際に迷わない老人ホームの探し方とは

介護が受けられる施設とは

部屋

介護施設の選びかた

介護が必要な高齢者は徐々に体の機能が低下して介護が必要な状態になっていく人から、病気やケガがきっかけで急激に介護が必要な状態になる人まで様々です。特に急激に介護が必要な体になった場合、あわてて入居できる介護施設を探す人も少なくありません。特別養護老人ホームなどの国が指定している介護保険施設は費用が安いため人気がありますが、その分、待機者が多く今では要介護3以上でなければ入居できないという条件があります。一方、民間業者が経営している介護付き有料老人ホームなどは介護保険施設に比べると少し費用は高いですが、要介護度が低い人でも入居できるうえに施設数も多いため、すぐに入居することができるというメリットがあります。

施設の違い

介護付き有料老人ホームは費用に介護サービスが含まれていて、24時間365日介護スタッフが必要な介護をしてくれます。高齢者施設には介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、ケアハウスなど施設によって色々な名称があり、違いがわからないという人も多いでしょう。高齢者施設の大きな違いは、施設で働いているスタッフから入浴や排せつ、夜中の体位交換などの介護サービスが受けられるかどうかにあります。これらのサービスを提供している施設は介護保険が適用となる「特定施設入居者生活介護」という指定を国から受けている施設です。また、介護付き有料老人ホームの中には自立した人でも入居できる混合型などもあったり、体験入居ができるのも特徴です。